車のメンテナンスあれこれ

舗装されていない駐車場は注意

投稿日:

ワンポイントアドバイス

今、お乗り頂いている愛車を修理して数年乗り続けるより、少しでも高く売れる時に売却した方が損をしない場合があります。

⇒ かんたん車査定ガイド(全国対応)

愛車が30万円以上お得になることもあり、愛車がこんなにも高く売れるなら売却して、次の車購入検討しますという方が大勢います。

舗装されていない駐車場は注意

都会なら少ないかも知れませんが、全国的にみるとまだまだ舗装されていない駐車場はまだまだ沢山あります。

地面が舗装されていない駐車場に車を止めておくと車の劣化は促進されるということを聞いた事がある人もいると思いますが、はたしてこれは真実なのでしょうか?

結論から言いますと、決して間違いではなく、舗装されていない駐車場は通常砂利が敷かれていると思いますが、砂利が敷いた地面からは車の劣化を促進する湿気が上がってきます。

舗装されていない駐車場に長時間車を駐車しておく訳ですから、この湿気が各パーツに侵食し、長い年月をかけ徐々に痛みが進行していくわけで、とくに梅雨時はもっとも湿気が上がるので、ボディの下に傷ついたりして、そこからサビが発生しボディが腐食して、気が付いた時にはサビだらけなんてこともあります。

車が傷んでいく大きな原因に湿気ということを認識し、これを対策することで愛車の痛みを単純に遅らせることが出来るという事です。

月々の駐車代が安いからといって愛車を舗装されていない駐車場に置いておくより、できればアスファルトで舗装されている駐車場を利用しましょうということです。

まぁ一番良いのは湿気対策を施したガレージに愛車を入れておくことですが、そうすれば一番サビやすいブレーキローターですらサビなくなるのですが、資金・住んでいる地域などの理由で不可能な人も多いのも事実です。

湿気から愛車を守り、長持ちさせるという点では湿気対策を施したガレージが最高の保管方法ということです。

サビ以外にも舗装されていない駐車場がおよぼす影響としてはゴムや樹脂製品の劣化を早めたり、カビが発生したりなんてこともあります。

スポンサーリンク

舗装されていない駐車場では湿気が大敵、湿気で車修理の事例

舗装されていない駐車場では湿気が大敵、湿気で車故障の事例

車の発進をしようとしたら、ボコボコって音が急に聞こえ、直感でヤバイなって思い、なんとか車を安全な路肩に止め、ロードサービスに連絡しました。

40分ほどで救援車到着、45kmも運んで頂きました。

車の修理屋さんで故障の診断をしてもらい、燃料系統の故障かな?と思いながらも、また高額修理だとお金がない!

車の修理屋さんで、結果的にプラグ辺りがあやしいということで、目視するが異常なし、次に湿気かなとプラグに電気を送るところのカバーを外すと、水滴があり、この部分をよく拭いて、乾燥させ取り付けたところ、好調になったそうです。

今回は高額修理にはならなかったので、ホッと安心です。

ずいぶん前からポコポコ音が少し聞こえていたそうですが、あまり気にしないで乗り続けていたそうです。

少しずつ湿気が車を蝕んでいく事例でした。

舗装されていない駐車場に外車

舗装されていない駐車場に外車

舗装されていない駐車場にメルセデスやBMW、VW、アウディ、VOLVOなど人気外車をおいている人も少ないとは思いますが、特にヨーロッパで製造されている外車は湿度の高い日本では故障が多いと聞いた事ありませんか?

新車から5年経ったあたりから、電気系統の故障が多くなるとか、正確なデーターはありませんので、外車だから湿気に弱いなんて言えませんが、人も車も日本の蒸し暑い湿度の高い日はダメです。

外車も手に入れやすいパーツなら比較的安く修理できるでしょうし、レアなパーツだと本国から取り寄せて修理って事にもなりますので、修理代金は跳ね上がります。

外車に乗るなら、湿気対策を施したガレージで保管管理したいものです。

舗装されていない駐車場の湿気で塗装が・・・

舗装されていない駐車場の湿気で塗装が・・・

車はご存知の通り鉄が多く使われており、その鉄は水と酸素があればサビていきます。

湿気の多い、舗装されていない駐車場に長い年月、車を置いておくと、鉄が剥き出しのブレーキローターは錆びだらけ、その他、鉄が剥き出しのパーツは錆てきます。

舗装されていない駐車場を利用していて、錆を完全に防ぐことは無理だと思います。

一番厄介なのは、車表面は新車時はキレイに塗装されておりますが、経年により飛び石などで小さな傷がついた場合です。

その小さな傷が塗装を突き破り、鉄が見えた場合は、湿気により最初はプツプツ程度の錆が、どんどん広がり、塗装の中まで侵食していきます。

それぐらい小さな傷でも対処しておかないと、錆はどんどん拡大していきます。

小さな傷でも早めに対処が塗装を長く維持するコツです。

スポンサーリンク

-車のメンテナンスあれこれ
-,

執筆者:

関連記事

燃費が急に悪くなる時にチェックする箇所

燃費が急に悪くなる時にチェックする箇所

今、お乗り頂いている愛車を修理して数年乗り続けるより、少しでも高く売れる時に売却した方が損をしない場合があります。 ⇒ かんたん車査定ガイド(全国対応) 愛車が30万円以上お得になることもあり、愛車が …

走行中にハンドルがブルブルガタガタ急に震えだす

走行中にハンドルがブルブルガタガタ急に震えだす

今、お乗り頂いている愛車を修理して数年乗り続けるより、少しでも高く売れる時に売却した方が損をしない場合があります。 ⇒ かんたん車査定ガイド(全国対応) 愛車が30万円以上お得になることもあり、愛車が …