フォルクスワーゲン

6Nポロでアイドリング不調からエンスト

投稿日:

ワンポイントアドバイス

あなたが今、お金を掛けてポロの修理をして数年乗り続けるより、少しでも高く売れる時に売却した方が良い場合があります。

愛車フォルクスワーゲンポロがどれくらいで売れるのか無料で調べることができます。

⇒ かんたん車査定ガイド(全国対応)

あなたのポロが30万円以上お得になることもあり、おススメのサービスです。

現状の車がこんなにも高く売れるなら売却して、次の車購入検討しますという方が大勢います。

6N型ポロのアイドリング不調

6N型ポロのアイドリング不調

6Nポロは日本では1996年から販売されており、欧州ではすでに大ヒットの3代目ポロなのです。

欧州で大ヒットの6Nポロはコンパクトボディでありながら、荷物もそこそこ積むことができるという日本市場にも向いているとおもわれる車体をしております。

1597cc直列4気筒SOHCエンジンを積みスポーティーで街乗りで力不足を感じる事はないと思います。

そんな6Nポロでアイドリングが始動直後では3000回転ぐらいまで上がり、そしてすぐに1000回転前後でふらふらするような症状がありました。

まぁ経年劣化と言えばそれまでですが、欧州車でもメンテをしっかりすれば長く乗り続けることができるものです。

1990年代の車好きには未だに人気のある6Nポロですが、カーボン除去剤でエンジン洗浄したり、プラグを新品にしたらアイドリング不調もよくなったとのことでした。

また冷えている時にエンジンをかけるとアイドリングも不安定になり、回転数1500付近で激しく上下する場合もあった6Nポロもあり、キャブクリーナーで洗浄したが変化なしだったそうです。

日本車の場合、エレクトリックコントロールユニット(ECU)がコントロールするのですが、欧州車6Nポロはアイドルスピードコントロールバルブ通称ISCVがコントロールしており、アイドリングが不安定なのはISCVに入るセンサーからの信号がバルブの汚れにより不具合を起こしているというのが多いそうです。

ISCVを外してカーボン除去や汚れを清掃すると良くなる場合もあるそうです。

アイドリングが不調な時はエンストを起こしやすいので早めの対処が必要ですね。

スポンサーリンク

6Nポロでバッテリー上がり

6Nポロでバッテリー上がり

6Nポロですとエンジンを切った状態でもオーディオのスイッチが入るそうです。

ですのでシガーソケットから電源をとるポータブルナビなどを付ける場合は注意が必要です。

エンジンを切って電源を切ったつもりが、電源OFFになってなくて、しまいにはバッテリー上がりなんて悲しくなります。

6Nポロといわず昔の外車はエンジン切ってキーを抜いても電源の入る車が多かったそうです。

一晩つけっぱなしで朝にはバッテリー上がりなんていやなものです。

1990年代の車好きには無縁でしょうが、参考までに2019年現在販売されている新型ポロは1000ccTSIエンジンを搭載し、パワーを確保しながら排気量を抑えることで省燃費を実現しています。

スポンサーリンク

-フォルクスワーゲン
-, , ,

執筆者:

関連記事

ニュービートルの故障と事故での修理代はいったいいくら?

ニュービートルの故障と事故での修理代はいったいいくら?

あなたが今、お金を掛けてニュービートルの修理をして数年乗り続けるより、少しでも高く売れる時に売却した方が良い場合があります。 愛車ニュービートルがどれくらいで売れるのか無料で調べることができます。 ⇒ …

車の修理